冬の季節はピークの電力、細かに明細はチェックしていないけれど割高の時期、初夏の5月には150円~200円くらい値上がりするようですね。

電力は一年のシーズンで料金がアップしたり、下がったりするのでその都度気にしていられないのが現状ですね。

毎日使う日常ベースでもあり生活には必須項目、一か月分の使い方は省エネでコンパクト料金がよいですが、

寒ければ冬ヒーターも使うし、初夏の5月に値上がりの分は食事とか嗜好品で調整してみましょう。

ネットとか店舗のポイントはこういう時に便利、100円単位でも電気代をカバーと思えばよいものです。

定期的に購入している化粧品とか日用品にもポイントを使用、生協のパルシステムでも毎月蓄えたので一週分で使用してもよい頃です。

電気料金は冬時期から値上がり傾向のようですが、毎月というのはないし、通常みたいに料金を低くするという時期もあるでしょう。

反映時期としては3月下旬から4月下旬までの量が高いのか、4月から5月下旬の分が200円高いのかですが、

100円単位ならば暖かい季節なのでまずまずですね。

暑い季節の7月、8月とか秋の季節には落着くといいな、11月とか年末分くらいは安く設定がベストです。

晩秋から年末、お正月の季節は電気の使用量が多いですからね、節電するなら使う時間を短縮することなので休日は省エネの日。

室内のLEDも一日控えめにして節電ライフ、いろいろなサービスが値上がりするので嗜好品などお小遣いも縮小がよいです。